子育てって実際に行ってみると、子供はかわいいけど本当に大変ですよね。

妊娠中はSNSで見るようなキラキラした子育て生活が送れると思っていました。

 

でも実際は・・・。

夜寝れなかったり子供のその日の機嫌に振り回されたりと想像とは全然違う生活が待っていたのです。

 

特に子供が1歳になるまでは、中々外出も出来なくて家にこもる事が多く世界から疎外されているかのようにも感じました。

そんな私を救ってくれたのが「ママ友」の存在でした。ママ友が出来てから、私の子育てライフは180度変わりました。

 

 

 

ママ友がいると自分も若くなれる!

子どもが1歳を過ぎたあたりから私達親子はよく公園に行くようになりました。

うちの子は体が大きいせいか体力があり、赤ちゃんの頃からあまり寝ない子でした。

 

家にいても室内を荒らされるだけなので、外に出るようにしました。

最初は友達もいなく子どもと2人で寂しいなと思う事もあったのですが、

毎日行っていると他のママさん達が声をかけてくれるようになりました。

 

そのうち「明日もくる?」とか、「明日はおやつ持ってきて皆で食べよう」とか話すようになりました。

今では、お互い自分たちの名前で呼び合ったり、時には旦那に子供を預けてママ達だけで集まるようにもなりました。

 

ママ友が出来てからは子育てでつらい時とかも話せる仲間が増えて気持ち的にも楽になりました。

旦那はあまり聞いてくれない子育ての悩みも、同じ境遇の仲間達ならば親身に聞いてくれます。

 

また初めての子育ての場合は、色々と分からない事だらけです。病院の事や初めての美容院や習い事など、地域の情報を教えてくれたのもママ友でした。

また子育て以外でもママ友がいて良かったと思う事が他にもあります。

 

それは私自身の気持ちです。

友達が出来て外に出ることが増えたおかげで、ちゃんと化粧をしたり洋服を買いに行ったりする事が増えました。

以前は家にいる事が多かったこともあり、1日中部屋着でノーメイクという日がほとんどでした。

 

しかし今は子供を授かる前の若々しい気持ちに少し戻れたようにも感じます。

ママ友というとドラマなどのイメージのせいか、以前は私自身はあまり良いイメージはありませんでした。

 

むしろ学生時代の友人がいるからママ友なんていらないかなとも思っていました。

しかし子育て真っ最中の私から言わせて頂けるならばママ友はいて損はないと思います。

 

子育ての情報を教えてくれるのはもちろん、子育てを一緒に頑張る仲間がいた方が子育ては何倍も楽しくなると思います。

子供はあっという間に大きくなってしまうので、子育ては一瞬です。

 

その一瞬の子育てを一緒に楽しむ仲間をぜひ皆さんも見つけてみて下さい。