子どもを産むまで、私は自他ともに認める完璧主義でした。

そのため「すてきなお母さん」になりたかったのです。

 

 

でも、生活がこんなにも子ども中心になるとは思ってもいませんでした。

物事を柔軟に考えることができるようになり、私の子育ては一気にラクになった気がします。

 

 

・育児書は読まない!

育児書には、離乳食のレシピや歯磨きの仕方、同じ月齢の子どもがどんな様子なのかが書かれています。

もちろん、ある程度参考にすることはとてもよいことだと思います。

 

 

しかし、「育児書通り」に子どもは成長しないですし、

初めての子育てに際し、あまり育児書を頼らないほうが良いです。

 

 

「このころにはできているはずなのに…」と、不安でいっぱいになってしまうことも多々あるからです。

 

 

わが子は生後9か月まで、ズリバイはおろかハイハイもしませんでした。

それがどんなに悩んでいたことでしょう。

 

 

それは結局育児書を見たからです。

育児書を戸棚の奥にしまい、「いつかできる」と思うことですっと胸が軽くなったのです。

 

 

 

・家事も完璧にしない!

子どもが家のなかを動き回るのだから、毎日掃除機をかけないと…。

洗濯もして、買い物に行って、ご飯も作って、お風呂掃除…。

その合間に子どものミルクや離乳食、おむつ替え…。

 

 

「あれ?私ご飯食べたっけ?」となることもしばしば。

とっても疲れていることに気が付いたのです。

 

 

もちろん、家の中が綺麗なことにこしたことはありません。

 

 

でも、1日くらい掃除しなくても。1日くらい洗濯しなくても。

それで死ぬわけではありません。

 

 

料理をしなくても、今ではおいしいお惣菜があります。

 

 

せっかくの「便利」を活用できないなんて、それこそもったいない!

今では「今日できることだけする」と、適度に家事は手を抜いています。

 

 

・他の子と比べない!

なにより子育てで一番重要と感じたことです。

「他の子と全く一緒のようにできなくてもいい」ということ。

 

 

というか、子どもに個性があってそれぞれ違うように、

運動能力や学習速度は大きく異なります。

 

 

同じ月齢とはいえ、他の子とわが子は全くの他人。

そのため性格も違えば好きなことも違う。できることも違うのです。

 

 

 

 

大事なのは我が子の成長を助けること。

「なんで他の子はできるのに、うちの子はまだできないのだろう」と。

だって大人でも、得意なことと苦手なことが全員ちがうのですから。

 

 

それが当たり前なのに、わからなくなってくるのですね。

 

 

「同じ月齢の子と一緒のことを完璧に求めるのはやめよう」と決心しました。

1歳4か月になり、他の子は走ったり上手に歩けます。

 

 

わが子はまだ5歩。

でも、その分買い物に行っても子どもを追いかけなくていいために、ラクさせてもらっています。

 

 

こんなに柔軟な考え方になったのは、子どもができたから。

「みんなちがってみんないい」とは、まさにこのことだなと、子育てを通して、改めて実感しています。