子育ては本当にどうやっていいかわからないですよね。

 

 

『子育ては自分の理想通りにはなりません。マニュアル通りにもいきません』

 

 

初めて子どもが生まれたとき、子育てって大変なんだろうなぁと何となく思っていましたが、現実は予想以上に大変でした。

私の理想の子育ては、母乳で育て、布おむつを使い、子どもにとって良い事と言われることはすべてやってみよう!でした。

 

 

思う通りにならない育児。大事なのは子どもの成長を喜ぶこと。

子育てが始まると、母乳はストレスででない、布おむつは思っていたよりもとてもめんどう、でした。

 

母乳は、子どもが生まれれば出るものだと思っていたので、あんまり深く考えてなかったのですが、

 

「母乳を出すための母乳マッサージがこんなに痛いのか!?」

とビックリしました。

 

それに母乳がでるいい形のおっぱいだね!と看護師さんに誉められたのに、ストレスで全然でない!

それでも母乳育児をしたかったので、子どもが吸ってくれればでるだろうと思って、泣く度におっぱいをあげていました。

 

 

ある夜、看護師さんから怒られてしまいました。

「母乳が出てないんだからミルクをあげてください。」

 

 

布おむつは、とにかく洗濯が大変でした。

1年間のコストや自然素材で布おむつを選んだのですが、子どもの世話をしながらの洗濯は思うようにうまくいきません。

本当にめんどくさくて洗濯機でダイレクトに洗ったら、きれいにはなるんですけど、臭いが全く取れなくて諦めました。

 

 

それに、天気がわるくて洗濯物が乾かなければ、おむつが足りないときもありました。

育児中はいつでも眠いし、なにより今まで自分の好きなことを好きな時にやってきたので、自分のペースでやりたいことができないのは、かなりのストレスでした。

 

 

頼りにしていた育児本は、子どもの成長は育児本通りなのに、

なぜ『親としての接し方(育て方)は、育児本通りにはいかないんだ?』と頭の中にいつでも??が浮かんていました。

 

 

育児は理想と現実の狭間でもがくことになります。

育児本や回りからのいろいろな情報、特に、子育ては楽しい!ってよく聞いていたけど、

正直なところ、『全然楽しくない』と思っても不思議ではありません。

 

 

ですが、子どもの成長は嬉しかったのは間違いありません。

 

 

私は、子育てを楽しんでやれる人と、楽しんでできない人がいるんだと思います。

それは、『どちらでもいい』のだと思います。

 

 

 

育児ストレスをなくすには、違いを受け入れること!

子育ての情報が多すぎて、すべてそれが正しいような気になるのです。

少しでも聞いていたこと、育児本と違うことがあると、あれ?って思うのです。

 

 

子育てに正解はないって言っておきながら、育児本やいろいろな情報が飛び交ってます。

初めての子育ての時は、特に情報に振り回されがちだけど、やってみて違うな!と思ったら、じゃあ次こうしてみよっか!とやり易いようにやってみてもいいのかな、と思います。

でも子育ては、その時、その時だから、これも理想なのかもしれないですね。

 

 

あらかじめ予習していても、どれだけ本を読んでも予期せぬことが出てきます。

自分の体調であったり、子どもの性格であったり、周りの環境であったりと。

 

ただ、2人目、3人目と産んでいくと、

だんだん子育てに慣れていくという話があり、

それは間違いありません。

 

対処法を手探りで探すのは変わりませんが、

きっと育児のスキルが付けばきっと楽になるのだと思います。