お母さんは24時間子どもと一緒!

休みなく育児をしています。だけどちょっと一息ついたり、

集中して家事をしなきゃいけない時ってありますよね。

 

 

昔のように両親と同居して子育てをしていた時代ならいざ知らず、現代世帯ではそうもいきません。

多様性となった現代のほうが昔よりも育児の難易度が上がっているのです。

 

そのため、少しの間テレビに育児をお願いするということも時には必要なことです。

 

 

テレビで育児はダメなことなの?

テレビは悪ではありません。

テレビや漫画が流行った時代では子どもに悪影響というような風潮がありました。

 

ですが、最近のテレビは幼児向けの番組も豊富になり、

情操教育や知育にも役立つ番組が増えてきました。

子どもと一緒に歌える歌を覚えたり、子どもと一緒にできる手遊びを覚えたり。

 

ですので、テレビは悪ということではなく、むしろ教育の一環として利用、活用すべきものです。

そして、テレビを見せる時は、できるだけお母さんも一緒に見てあげて、時には一緒に歌を歌ったりしてあげてください。

 

我が子がどんな番組を好むのか・・・。

アニメなのか、人形なのか、ぬいぐるみなのか、踊りなのか、歌なのか。

子どもの好みがそこに現れ、今後の育児にも役立つはずです。

 

ただし、『テレビを見せておけばおとなしいから』というだけで、テレビに育児を任せるのはダメです。

大事なのは子どもに寄り添うことです。

お母さんの笑顔が子どもにとって一番なのです。

 

 

これだけはダメ絶対。

テレビを見せることで、子どもの注意をひきつけることができます。

 

テレビの存在は本当にありがたく、

危ないことも無く、テレビを見せている間はお母さんも自分のしたいことを集中してやることができます。

 

ですが、先ほども言ったように、子どもにとってお母さんはある意味絶対の存在なのです。

子どもは常に『お母さんと一緒に楽しいことをしたい』と考えています。

 

テレビが面白くないからと言って一緒にテレビを見ずに、手元のスマホをポチポチといじったり、

子どもに、『興味がない』というような態度は絶対にやめましょう。

 

子どもはそんなお母さんの姿を見て育ちます。

「お母さんは楽しくないんだ・・・」

あるいはもっと良くない感情が芽生えてしまうことになりかねません。

 

子どもの性格、考え方を決めるのはどのタイミングなのかわかりません。

だから、常に、子どもに寄り添い、喜びを分かち合ったり、一緒に楽しむということを心がけてください。