子育ては本当に大変ですよね。

子育てを初めて1ヶ月は授乳、オムツ、寝るの繰り返しでほとんどすぎてしまい気づけば1日終わっているということも珍しくありませんでした。

 

 

特に新生児の頃は1日に12回くらい授乳していたのでほとんど授乳に時間を費やしていたのではないかと思うほど授乳していました。

そんな生活も3ヶ月を過ぎて、慣れない育児にも慣れてきたところで生活リズムを整えようと思いスケジュールをたてました。

 

 

子どもの生活に合わせたスケジュール

スケジュールには朝起きる時間から午前寝、お昼寝、授乳、お風呂、寝る時間まで細かくたてていました。

あまりに細かくたてたので寝て欲しい時間に中々寝なくて寝かせるのに苦労したことも沢山ありました。

 

 

中でも授乳時間は母乳だったため子どもがどのくらい飲んだのかわからず、

次の授乳まであまり時間が空いていないのに欲しがったりしていたのであやすのに大変でした。

 

 

生活リズムを整え初めて1週間で親の方が疲れ切ってしまいました。

 

 

そこで、起きる時間と寝る時間、お風呂はだいたい同じ時間になるようにして、後は子どもが寝たいときに寝て、お腹がすいた時に授乳するようにしました。

すると、今まで寝かせなきゃと思っていた気持ちが楽になりました。

 

 

朝も時間通りに起こすのは難しいので同じ時間にカーテンをあけて日の光を入れたり夜は暗くすることでだんだんと同じ時間に起きて、寝てくれるようになりました。

また、授乳回数もお腹がすいた時にあげるようにしていくとだんだんと時間が空くようになり、生後5ヶ月くらいからほとんど決まった時間に授乳するようになりました。

 

 

初めの頃は、スケジュール通りにすることで精一杯だったのですが、

赤ちゃんのリズムにあわせて育児しているうちに自然と生活リズムが整ってきました。

 

 

そして、無理に生活リズムをあわせようとしていたときは時間に追われていたのですが、

赤ちゃんともしっかり関わる時間を持つことができるようになり心にも余裕ができました。

 

 

子どもの成長はあっという間です。特に新生児の頃は1日中赤ちゃんにつきっきりの生活になります。だんだんと1人で遊ぶ時間が増えてきたり、夜もまとまって寝てくれるようになってきます。

今は長いと思いますが、後から考えればあっという間の時間です。

 

 

赤ちゃんの生活にあわせて今しかない可愛さを十分に楽しんで自分の心にも余裕がある育児をしていきたいです。

そのためには、赤ちゃんの生活リズムにあわせて生活すると楽になるので赤ちゃんにあわせてあげることが大切です。